管理人 HIKOが気になったニュースや日記、趣味などを紹介していきます。
TOPフリーエリア
最近マメに更新できませんが、ボチボチと頑張ります。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
微妙な判定をめぐり世間のバッシングを浴びたWBA世界ライトフライ級王者・
亀田興毅(19)の父親の史郎さん(41)と漫画家のやくみつる氏(47)や
元WBC世界ライト級王者・ガッツ石松氏(57)らと“公開対決”したワイドショー
でも「チャンピオンの品格」について討論していた矢先に、今度はオートバイWGP
(現MotoGP)の元世界王者“マイケル・ドゥーハン”(写真)がオーストラリアの
マイケル・ドゥーハン

ストリップクラブで酒に酔って暴れる事件を起こし、8日、ダーウィンの裁判所から
2500豪ドル(約22万5000円)の罰金を科せられたそうだ。

ドゥーハンは泥酔してストリップクラブの警備員に

頭突きを食らわすなどして暴れ
、警察に逮捕された。
弁護士によると、ドゥーハンは事件についてよく覚えていないというらしい。

ドゥーハンといえば、WGPオートバイ世界選手権シリーズの最高峰500cc
クラスで1994年から5年連続年間総合王座を獲得という偉業を成し遂げた
とても偉大なライダーだったのに・・・Doohan_1995_02t.jpg

正直ガッカリです。

亀田選手もそうですが、やはりチャンピオンという立場にある(あった)方は
試合中だけでなく、私生活でも尊敬される品格が伴わないとね~
あ、そういえば20000100.jpg
この方も横綱の品格が・・・・・







スポンサーサイト
F1世界選手権第13戦ハンガリーGP決勝(6日、ハンガリー、
ハンガロリンクサーキット)でホンダワークスが00年に始まる
ホンダのF1第3期として初、車体、エンジンがオールホンダとしては
1967年9月のイタリアGP以来

39年ぶりの優勝を果たした! 

20060807-04633491-jijp-spo-view-001.jpg

しかもドライバーのジェンソン・バトン(26)もGP参戦7年目にしてF1初優勝を飾った。
バトンにとって参戦113戦目での優勝は、史上3番目の遅咲き優勝となった。
(これはあんまり名誉ではないような・・・^^;)

偶然なのかこの日は亡くなったホンダの創業者である故・本田 宗一郎氏の
命日の翌日でもあった。サーキットに流れる「君が代」にも本当に感動しましたね。
これを機に強いホンダが復活するといいな~

そして、この日はスーパーアグリ・ホンダの佐藤琢磨も4戦ぶりに14位で完走を果たした。





話は変わるけど、米米CLUB復活第2弾シングル発売だ~!


ついにというか、早々というか分からないが、あの亀田興毅(19)が
世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王座決定戦で同級1位で
元WBAミニマム級暫定王者のフアン・ランダエタ(27)=ベネズエラ=を
2-1の判定で破り、初の世界戦で王座に就いた。
1154524760.jpg

亀田は過去12戦無敗(10KO)のまま世界の頂点に立った事になる。

10代で世界王者になった日本人選手はファイティング原田(19歳6カ月)、
井岡弘樹(18歳9カ月)に次ぎ史上3人目の快挙となった。

今日の亀田は、試合後にいつもとは違い号泣しながらこう言っていた。

「お父ちゃんのボクシングを証明することが

出来た。お父ちゃんのおかげや。ありがとう」


う~んちょっぴり感動した。
試合には勝ったけど、KO勝ちではなかったですね~
でも今後の彼の活躍、更なる成長に期待したいですね。

とりあえず今夜はおめでとう!




話は変わるけど、米米CLUB復活第2弾シングル発売だ~!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。