管理人 HIKOが気になったニュースや日記、趣味などを紹介していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、車で移動中のこと。カーラジオから流れるFMの番組で本の紹介をしていた。

実はここ数年、本を読むことから離れていて、今年は
「月1冊は本を読もう」と思っていた矢先のことだった。

本のタイトルはまぼろしのロンリヴィル

ce5049.jpg
 エラン・クロバンド 著 中田 香 訳 求龍堂
2005年11月 発行 ページ 339P サイズ 四六判  1,470円(1,400円+税)

内容は、二百年前、移住途中のスコットランド人4家族と、彼らを襲おうと
していたネイティブアメリカン4家族が、事故でアメリカ大陸真ん中のとある谷に
閉じ込められてしまう。そこで彼らは協力し合って小さな町ロンリヴィルを作り上げ、
平和に暮らしていた。それから二百年後・・・
誤って高性能爆弾が投下され、谷間の世界=ロンリヴィルは地上から消えた。
しかし偶然、たった一人生き延びた10歳の少年、リトルフェザーがいた。
少年は、爆発で開いた穴から新しい世界へひとり歩き出し小さな町にやってきた。
今浦島である少年の言動は、現代人たちに奇跡を起こすと呼ばれ、
「救世主」と受け取られる。やがてはアメリカ大統領までも巻き込んで・・・

アメリカがほほ笑み、泣いた1冊。

今、読んでる本が終わったら是非とも読みたいと思った。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikopapa.blog20.fc2.com/tb.php/126-867b6130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。