管理人 HIKOが気になったニュースや日記、趣味などを紹介していきます。
TOPフリーエリア
最近マメに更新できませんが、ボチボチと頑張ります。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F1世界選手権第13戦ハンガリーGP決勝(6日、ハンガリー、
ハンガロリンクサーキット)でホンダワークスが00年に始まる
ホンダのF1第3期として初、車体、エンジンがオールホンダとしては
1967年9月のイタリアGP以来

39年ぶりの優勝を果たした! 

20060807-04633491-jijp-spo-view-001.jpg

しかもドライバーのジェンソン・バトン(26)もGP参戦7年目にしてF1初優勝を飾った。
バトンにとって参戦113戦目での優勝は、史上3番目の遅咲き優勝となった。
(これはあんまり名誉ではないような・・・^^;)

偶然なのかこの日は亡くなったホンダの創業者である故・本田 宗一郎氏の
命日の翌日でもあった。サーキットに流れる「君が代」にも本当に感動しましたね。
これを機に強いホンダが復活するといいな~

そして、この日はスーパーアグリ・ホンダの佐藤琢磨も4戦ぶりに14位で完走を果たした。





話は変わるけど、米米CLUB復活第2弾シングル発売だ~!


ついにというか、早々というか分からないが、あの亀田興毅(19)が
世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王座決定戦で同級1位で
元WBAミニマム級暫定王者のフアン・ランダエタ(27)=ベネズエラ=を
2-1の判定で破り、初の世界戦で王座に就いた。
1154524760.jpg

亀田は過去12戦無敗(10KO)のまま世界の頂点に立った事になる。

10代で世界王者になった日本人選手はファイティング原田(19歳6カ月)、
井岡弘樹(18歳9カ月)に次ぎ史上3人目の快挙となった。

今日の亀田は、試合後にいつもとは違い号泣しながらこう言っていた。

「お父ちゃんのボクシングを証明することが

出来た。お父ちゃんのおかげや。ありがとう」


う~んちょっぴり感動した。
試合には勝ったけど、KO勝ちではなかったですね~
でも今後の彼の活躍、更なる成長に期待したいですね。

とりあえず今夜はおめでとう!




話は変わるけど、米米CLUB復活第2弾シングル発売だ~!


今年も暑~い夏がやってまいりました。


みなさんの夏をイメージするものは・・・?


オレの中ではキャンプというものもあるんですが、やっぱりSUZUKAでしょう!


 そうです。夏といえばやっぱり鈴鹿8時間耐久レースでしょう!! 


只今レースの真っ最中。ライダーも観客も暑い中本当にご苦労様です。


今年も色々なドラマがあるんでしょうね。


オレはおうちで涼しく観戦してますけどw


残りあと1時間を切りました。


どのチームもライダーもみんなガンバレー!!!


 

またまたご無沙汰の更新となってしまいました^^;
最近、めちゃめちゃハードな生活を送っているHIKOです。
この忙しい生活の理由のひとつはまた近いうちに紹介させてもらいますね。

話は変わって、つい先ほどTV(HERO)を観ていたらニュース速報が流れた・・・

サッカー、ワールドカップの4強が出揃ったこの時期に、日本代表で海外でも
活躍中の「ヒデ」中田英寿選手が突然の引退発表をしたそうだ。
中田英寿選手


韮崎高校時代、2年時に高校選手権に出場。
1995年Jリーグベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)に加入。
フランスワールドカップでの活躍が認められ、21歳の若さでイタリアのセリエAに移籍。
28歳で新天地イングランド・FAプレミアリーグにその場を移した。

日本代表としては甲府北中3年時にU-15に選出され、アジアユース選手権(U-16)で
世界への第一歩を踏み出した。以後は全ての年代別世界大会(U-17世界選手権、
ワールドユース、アトランタオリンピック、シドニーオリンピック
)に出場している。


20歳でA代表入りし、ワールドカップ出場権獲得のためのアジア予選で活躍。
日本代表選手としてのポジションを不動のものとし、21歳で出場したフランス
ワールドカップ
ではチームの核となった。日韓ワールドカップでは弱冠25歳で
精神的にもチームを牽引する中心選手として戦った。

2006年6月、29歳で自身3大会連続3度目となるドイツワールドカップのグループ
リーグ3試合にフル出場。1分2敗で決勝トーナメントへの進出を阻まれたが、苦戦の中、
第2戦のクロアチア戦ではマン・オブ・ザ・マッチに。また、グループリーグ敗退国の
ベストイレブンにも選出された。今大会最後の試合となったブラジル戦終了後は、
精根尽き果ててピッチに倒れ、涙する姿があった。代表引退など今後の動向が注目される
なか2006年7月3日、中田自身が運営するHP上で突然の現役引退を表明した。

今からもう10年近く前、初めてヒデを見た時には本当に感動した。
あの頃から何か特別なオーラを纏ったような印象でした。
当時の日本代表には「カズ」や「ラモス」などの超有名なベテラン選手に混じっても
決して引けをとっていなかった。
その後は海外に渡りさまざまな活躍をされてきました。

もう4年後の日本代表に「ヒデ」はいない・・・
でも、その頃には彼の意思を継ぐ素晴らしい選手が現れてくることを期待しましょう!
今までオレたちに夢を見せてくれて楽しませてくれて、本当にありがとう!


ここ1~2ヶ月仕事がめちゃめちゃ忙しい。
それを理由にしてる訳ではないけど、やっぱりそれが原因です^^;
そのうちに世間では色々な事がありました。
あんなことやらこんなことetc・・・

とりあえず今までのようにマメな更新は出来ないかもしれないけど、
せめて週1くらいの更新が出来るように頑張ります!(ホントかよ!?)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。